読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎言語使いの徒然

適当に気になった技術や言語を流すブログ。

考えさせられる内容。

日記

現場を直接見たことが無いので、事実かどうかの判定は僕にはできない。
この文章が事実だとしたら、法廷はなんと言う茶番劇だろうか、、、。
刑量から推察して罪状を決定するのは明らかに順序が違うだろ。そもそも罪状によって軽量があらかじめ決定されているところを見直すべきなんでしょうね。

http://deztec.jp/design/09/08/06_society.html

でもきっと見直さないだろうな、、、、組織とは変化を嫌う生き物だから。
変化させる労力と、過去に遡ってはどう対処するか、一審ですでに判決出てて、二審以降継続中のものにどう対応させるか、決めること考えることが多い上に、それで利害や感情の絡む人たちにどう説明するか、、、。
この見積もりだけでもしんどそうではあるからなぁ、、、。
で、既存のやり方でニッチもサッチも行かなくなってからようやく変更せざるを得なくなると初めて動き出す。*1
罪状について決定した段階で、「その罪は立証されましたっけ?刑量からあてつけてません?」と声を大にして言える人が増えれば見直しは始まると思う。*2
日本人の目、マスコミの目にはこういう人は大きく写りますからね。

*1:遅い!と思うが、いつものこと。

*2:事なかれで、人に合わせる、空気を読むのを美徳としてる日本人にどこまでそれができるかの問題だが、、、、。