読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎言語使いの徒然

適当に気になった技術や言語を流すブログ。

VirtualBox with Ubuntu セットアップ

日記 メモ

適当に汚して捨てれるLinux環境が欲しかったのですよ。

VirtualBox をインストール

まずはここからVirtualBoxをダウンロードしてインストールする。
ソレについては迷うものは何もなかろうよ。

ディスク領域を作ってUbuntuインストールする

流れ作業でドン

  1. Ubuntu のディスクイメージをこのへんから拾ってくる。
  2. ダウンロードしている間に、ディスク領域を作成する。
    1. VirtualBox 起動してメニューから新規
    2. 名前は適当に、タイプを「Linux」でバージョンを「Ubuntu」に設定する。
    3. メモリサイズは適当に。鯖テストするなら 1Gもあれば開発テスト環境としちゃおkでしょ
    4. 仮想ハードドライブを作成するを指定して続行、ファイルタイプは VDI で可変サイズを設定
  3. Ubuntuインストール
    1. これでメニューに作った奴が出てくるので選択→起動
    2. 「起動ハードディスクを選択」が出るので、Ubuntuのディスクを選択後はインストーラ設定だけ。
Ubuntu を最低限のセットアップする

インストール後にUbuntuを先ずは再起動する。
次に、「Dashホーム」から検索して Terminal を起動するそしたら勢いで。

sudo apt-get install openssh-server

と指定すればまずは ssh をインストールできます。
次に「デバイス」「GuestAdditionsのインストール」を選択する。すると、ディスクがマウントされてウィンドウが開きます。
追加でコンソールから

cd /media/VBOXADDITIONS_4.2.0_80737
sudo ./VBoxLinuxAdditions.run

インストールが完了したら一度シャットダウンします。そしたらVMを選択し、設定を選択。

「ネットワーク」タブからアダプター2を選択し、「ネットワークアダプタを有効化」する。割り当ては「ホストオンリーアダプター」で指定。

後は再起動してIP引っこ抜けばOKだ。あとはSSHでもなんとでもするがよいw

次に、「共有フォルダ」を適当に設定すると、/media ディレクトリに共有がマウントされるので好きにアクセスできる。

sudo gpasswd -a ユーザ名 vboxsf

これで書き込みもできるはずだ。