読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎言語使いの徒然

適当に気になった技術や言語を流すブログ。

WSライブラリの Playframework2.1 以降の変更

Scala Playframework 勉強

WSライブラリ

Playframework 2.0.x 系は WS コマンドで外部サイトアクセスできるのですが、2.0 系から気づけば応答値が変更されていて色々戸惑ったので。

2.0.x 系は

val promise:Promise[Response] = WS.url("http://xxx.xxxx.net").get()

Promise 型は独自型で、promise.await するとさっくり取れたのだが、

2.1 以降

val promise:Future[Response] = WS.url("http://xxx.xxxx.net").get()

で、同期待ちメソッドが消えてる。

この場合、

import scala.concurrent._
Await.result(result, 1 second)

で拾える。

というか仕様変更が分からず、2 時間位はまったわ!