読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎言語使いの徒然

適当に気になった技術や言語を流すブログ。

wkhtmltopdf を使ってみる

日記 OSS

何者かと言うと、これ。

wkhtmltopdf

Webkit で指定したサイトをメモリ上でレンダリングして pdf とか画像に落とすライブラリ。

これを仮想マシンで構築した CentOS6 に突っ込んでみる。

マシンそのものは 6.5 x86_64 を指定。当然 64bit で、とりあえずは Desktop インストールです。

インストールが暇なのでサイトを眺めていたら、「Mac OS X builds could not be produced due to issues in QT 4.8.5 — you will have to use the latest development snapshot instead.」のメッセージを発見。

なるほど、QT は Webkit 搭載したよね確かに。

ビルドとかは必要なくて、とりあえず解凍すればいい。

で、いろいろ試してみた結果がこれ。

static なページ。

f:id:white-azalea:20140407221210p:plain

うん、問題なさそう。

作画ライブラリ系

f:id:white-azalea:20140407221322p:plain

動的に画面サイズが変わるとか耐えれない模様。

これは事前にサイズを指定するオプション食わせれば問題なさそう。

googlemap

動的な Ajax 作画画面はどうなるか?

f:id:white-azalea:20140407221502p:plain

動的表示部分は作画されなかった。

sencha

とにかく複雑な画面

f:id:white-azalea:20140407221552p:plain

そりゃまぁ無理か...

結論:Ajax を使わずに作画するならいける(Sencha は動的に何でも ajax しすぎてるからしょうがない)。