技術をかじる猫

適当に気になった技術や言語を流すブログ。

Docker(17.12.0)をインストールしてみた

事の始まりは先月末の会社の勉強会。
色々別の事をしていて中々手を出せなかった物だけど、使い捨ての実行環境を簡単に作れるという事でやって見ることにした。

教科書はこれ

Docker実戦活用ガイド

Docker実戦活用ガイド

それまでぶっちゃけ Vagrant + VirtualBox で作ってたのだが、こっちの方が簡易そうだったので(汗

最初に Docker をダウンロード&インストール。

docs.docker.com

起動まではインストーラにしたがっておけば OK 。
途中で Docker アカウントを作成するかどうか聞かれるので、無視しても作ってもいい。
僕は作った。

あと、起動後のメニューから、Kitematic というアプリもリンクがあるので、それもインストールした。

Docker はサーバクライアント方式のアプリケーションで、サーバ(デーモンとかサービスとかいう奴ら)を裏で起動しておいて、クライアント(コマンドラインや操作インターフェースなど)で弄る形式。
とりあえず Docker コマンドで

docker run hello-world

f:id:white-azalea:20180213224834p:plain

曰く、docker コマンドでアプリケーションなり環境なりを実行するのだが、ローカル上にその定義がなければ、Dockerhub というリポジトリからダウンロードしてインストールしてくれるのだとか。

そして実行すると、ローカル常にその定義が残る。
これは、Kitematic を起動すると見れる。

f:id:white-azalea:20180213225126p:plain

この←のメニューダブルクリックで起動できる。
うむ便利。

そして何がいいって、表示されている docker run -it ubuntu bash コマンド。
これだけで Ubuntu が起動してシェルが叩ける!

f:id:white-azalea:20180213225621p:plain

マジか?

何がいいって、VM ではなさげなので超軽量に Ununtu が弄れるって事だ。
コマンド叩いてイメージのダウンロードさえ完了すれば、1秒かからない。

本気で開発環境こっちに移行したくなってくる…