技術をかじる猫

適当に気になった技術や言語を流すブログ。

TestLink を弄ってみる

  1. 適当に C:\workspace\projects\docker\testlink この辺にディレクトリを掘る
  2. そこに mariadb_data, testlink_data ディレクトリを掘る
  3. docker-compose.yml を作成して後述を記述
  4. docker-compose up -d で起動(ただし完了までそこそこ時間がかかる)
version: '2'

services:
  mariadb:
    image: 'bitnami/mariadb:latest'
    environment:
      - ALLOW_EMPTY_PASSWORD=yes
      - MARIADB_USER=bn_testlink
      - MARIADB_DATABASE=bitnami_testlink
    volumes:
      - 'C:\workspace\projects\docker\testlink\mariadb_data:/bitnami'
  testlink:
    image: 'bitnami/testlink:latest'
    environment:
      - TESTLINK_DATABASE_USER=bn_testlink
      - TESTLINK_DATABASE_NAME=bitnami_testlink
      - ALLOW_EMPTY_PASSWORD=yes
    ports:
      - '80:80'
      - '443:443'
    volumes:
      - 'C:\workspace\projects\docker\testlink\testlink_data:/bitnami'
    depends_on:
      - mariadb

因みに、ここで嵌ったのが、ノートン先生の問題。
どうもこのノートン先生はDockerコンテナ同士の通信を阻害するものらしい。

そのため、以下の設定を行った。

gfonius.net

確かにこれで、コンテナの起動に失敗することは無くなったのだが、起動中に php のインストールで停止するらしい。
apache のインストールまでは行ってるので、通信内容を見て勝手に遮断してるのかも知れないが、結局わからなかった。

結論から言うと、Windows やっぱ OSS やるのにうんごですわ…