読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎言語使いの徒然

適当に気になった技術や言語を流すブログ。

Ruby の勉強を開始してみる(制御系)

Ruby

敢えて汚く書く。

sample = 55
  if sample < 22
puts("ありえん")
    elsif sample == 88
puts("ここにはこれない")
  else
  puts("汚いインデントでもおk?")
end

こんな汚くても正常動作するのか、と言うことは、特にインデントには意味なしなのね。
改行には一応意味があるのか。
そういう意味ではやっぱPythonのが綺麗ではあるな。
文法を強制するのを嫌がる人も居るけど、そこは好みで。


whileやるかと思ったら

i = 0
while i<= 100
  printf("%d ",i++)
end

が実行エラー。
インクリメント無かったか、、、、
まーいいや。

i = 0
while i<= 100
  printf("%d ",i+= 1)
end

OK.
あと、面白い書式あるのね

10.times {
  printf("HAHAHA\n")
}

イテレータか。
となると、C#,PHP の foreach や Java,Python の for みたいな使い方出来そうな。
IEteratable 継承とか考えなくて良いのは楽かも知れない。
スクリプトの強みかー