読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎言語使いの徒然

適当に気になった技術や言語を流すブログ。

初の Mac ソフト作ってみる

Mac Objective-C

公式チュートリアルも含めて悶絶したので、ここに手順をメモしておく。

  1. XCode 起動
  2. Model を適当に作成する

内容はとりあえずこんな感じ。

#import <Cocoa/Cocoa.h>

@interface HelloModel : NSObject {
	int count,value;
}

@property(readwrite) int count,value;
-(int)execute:(int)mod;

@end

実装もこんな感じ

#import "HelloModel.h"

@implementation HelloModel

@synthesize count,value;

-(int)execute:(int)mod {
	return self.count * self.value % mod;
}

@end
  1. Controller もさくっと作る。これはウィザードからファイル新規作成できる。
#import <Cocoa/Cocoa.h>
#import "HelloModel.h"

@interface HelloController : NSWindowController {
	IBOutlet NSTextField *value1Field;
	IBOutlet NSTextField *value2Firld;
	IBOutlet NSTextField *modField;
	IBOutlet NSTextField *resultField;
	
	HelloModel* helloModel;
}

-(IBAction)execute:(id)sender;

@end

実装はこんな感じ

#import "HelloController.h"

@implementation HelloController

-(IBAction)execute:(id)sender {
	int result;

	helloModel = [[HelloModel alloc]init];

	[helloModel setCount:[value1Field intValue]];
	[helloModel setValue:[value2Firld intValue]];
	result = [helloModel execute:[modField intValue]];
	
	[resultField setIntValue:result];
	
	[value1Field selectText:self];
}

@end
  1. xib ファイルを開く
  2. InterfaceBuilder で見た目を作る。
  3. Library ウィンドウから Cocoa , Objects and Controllers の項目、Object を xib に落とす
  4. Object を選択し、オブジェクトの設定で、さっき作った「HelloController」を選択
  5. Ctrl 押しながら、コントローラとウィンドウコントローラと関連づけ
  6. 一応コンパイル設定でガベコレ入れておく(楽なんだよね)

これでコンパイル+実行。