読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎言語使いの徒然

適当に気になった技術や言語を流すブログ。

中国政府は国家権力使ってまで強盗強奪しようというのか

日記

書こうかどうか悩んだが、どうにも頭にきたので、、、、。

元ネタ
http://www.asahi.com/international/update/0429/TKY200904290169.html

曰く

ICカードリーダーなど情報セキュリティー製品を中国で製造・販売する企業に、技術情報の開示を義務づける「強制認証制度」を、政府調達品に対象を限定したうえで来年5月1日から実施すると発表した。 

をいをいマジカ

日米欧側にはこれまで、制度導入は「高度の技術情報を無償で手に入れるのが狙い」(北京の外交筋)との見方が強く、「技術的なノウハウで商売しているのに、競争力の源泉が侵害される」(電機メーカー幹部)などと反発の声が出ていた。

強盗とマジで変わらないぞ。*1

対象になるのは、ICカードリーダーのほか、外部からの不正なアクセスを防ぐ「ファイアウオール(防護壁)」関連の製品など13品目で、民間企業や個人に販売する製品は含めない。

発表から施行まで期間が圧倒的に短いので、企業に撤退する時間を与えない心算なんだろうね。
応じなければ撤退前に警察使って強制執行か、、、、。
国際的に IT 的な孤立を生みそうだな。

*1:国家権力だから更に性質が悪い