技術をかじる猫

適当に気になった技術や言語、思ったこと考えた事など。

RNN で時系列データの予測をやってみる

この辺の続き RNN を考える - 技術をかじる猫 要するに次の値を予測してもらうという NN ですな まずは結果から 正弦波にノイズを与えたデータが学習データ青で、先頭 10 件だけはそのまま、11 件目以降を 10 件づつ与えたデータから予測させて作ったグラフ…

Salesforce開発の基礎編7

トリガの実行順序 developer.salesforce.com レコードの作成/更新を実行すると、次の順で処理される。 変更元レコードがあればまず読み込まれる メモリ上で更新後の値を作成する この時標準UIからの更新であれば、UIに設定されてるバリデーション、項目自体…

夏に美味しいお茶シリーズ

あんまりこういう事を書く機会はなかったのだだけど、僕はお茶が好きだ。 コロナでお茶が売れてきてる…という話は聞くのだけど、なればということでこの時期のおすすめ茶を Lupicia と自前の作成から紹介してみる。 主に、普段はあまりお茶や緑茶を飲まない……

RNN を考える

RNN って何かというと Recurrent Neural Network 再起構造型ニューラルネットワークの意味。 再帰構造型の意味って何かというと、前回のニューロンの出力と現在の入力を引数にして「前回の状態を含めて判断する」ニューラルネットのこと。 普通、ニューラル…

Salesforce開発の基礎編6

データベースと .NET の基本 trailhead.salesforce.com .NET は忘れていい。というか引きずると超ハメられる。 決して .NET 程リッチなつくりではないのだから…。 SQL から SOQL への移行 SOQL はあくまで検索機能しかない (insert, update 等は DML であっ…

Salesforce開発の基礎編5

trailhead.salesforce.com Apex の基礎とデータベース Apex の使用開始 まぁJava書いてたら特に問題なくやれる。言語仕様は体感 Java1.42 位の印象(1.4 よりはマシ?だが5の様なGenericsなどは存在しない)。 ローカルコンパイルできず、Salesforce 組織上…

ニューロンと過学習の割合を観察する

検証内容 アルゴリズムと過学習の関係をざっくり記載する。 設定は以下の感じ img_size = 8 n_mid = 32 n_out = 10 eta = 0.001 epochs = 301 batch_size = 32 interval = 10 因みにCNNの特徴抽出はせず、あくまでニューロンでの判定のみで行う。 中間層ニュ…

ストレスに関する対策の論文とかを調べてみた

日常でできるストレス対策。 緑茶: 含まれるテアニンには向精神作用があります。 https://www.taiyokagaku.com/lab/column/07/ http://www.jsbmg.jp/products/pdf/BG35-4/35-4_9-15.pdf 背筋を伸ばす: 幸福感を発生させます(コロンビア大学とハーバード大学…

ベクトルの画像的表示(練習)

ベクトルプロットの練習がてらベクトルの計算 まずは単純にベクトル表示 import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt plt.figure() LX, LY=5,5 # ベクトルの plt.quiver(0, 0, 2.5, 1, angles='xy', scale_units='xy', scale=1) plt.xlim([-LX,LX])…

数学回(ベクトル)

ベクトルの内積と公式群 としたとき、内積は以下の様になる。 (T は転置なので縦軸横軸入れ替えてるよ) とこんな感じになって、以下の公式があるよって 因みに はスカラ倍の定数です

Salesforce開発の基礎編4

trailhead.salesforce.com 適切な自動化ツールを選択する 「Salesforce フロー」(製品名)には「プロセスビルダー」と「フロービルダー」の二つがある。 プロセスビルダー: レコード作成/更新/プラットフォームイベント発生で起動。バックグラウンドで関連…

数学回

数列 ってもこんなの義務教育でもちょこっとはやるでしょう(汗 エンジニア大好き数列の一つ偶数とか でこの足した合計をこんな感じで記述する。 これは一緒に習うと思うけど これが掛け算だとこんな感じ 因みにこんな公式もある。

集合おさらい

このあたりの数学はどっちかと言えば概念に近い。 hatena で tex 書式使う練習がてら 基本 A = \left\{ 2, 4, 6, 8, 10 \right\} このような範囲がはっきりしたデータの集まりを 集合 といい、個別の値を 要素 という。 集合はただのあつまりなので、順番に…

Salesforce開発の基礎編3

データインポート trailhead.salesforce.com データのインポートの概要 : データインポートウィザードとデータローダの二つがある。 データインポートウィザードは ここから ということで。 こんな感じにインポートしていきます。 こいつは標準オブジェクト…

DeepLerning らしいDeepLerning実装

white-azalea.hatenablog.jp ここに、Dropout 層とか色々積んでみたというもの。 尚、この記事初めて見た人は突然何のことやらだと思うので、この辺の 2021/2 月あたりから継続してるのでその辺見ると良いかも? white-azalea.hatenablog.jp やってみてわか…

メモ書き:ディスプレイを破棄するにあたり

在宅で使ってたディスプレイが壊れたので、これどうするかなーと思ってみたら、破棄方法が結構めんどくさかったので忘れる前にメモ。 (因みに、調べてみたらAmazonで買って1年以内だったので、無事修理に出せた) ディスプレイは普通には捨てれない 燃えな…

英語勉強したい人に「Subtitles for Language Learning」

Amazon Prime Video。コロナ禍ではこういうのがお供になるはず。 ついでに英語の勉強もしてみようか。 www.subtitlesfll.com ということで入れてみた図 アマプラの画面はキャプチャできない様になっているので、そこはあきらめで(汗 尚、再生しているのはフ…

Salesforce開発の基礎編2

Aura コンポーネントの基本概念 trailhead.salesforce.com 日本語が長ったらしく意味不明なので、調訳。 バンドルと要求のライフサイクルについて 根本的にブラウザ側で動作するコンポーネントである。 ハンズオン内容は、ほとんど空っぽの Aura Component …

WSL から sfdx の認証を通す

前回対応した内容でいざ開発しようと思ったら、認証で行き詰ったのでその対処方法を記録する。 white-azalea.hatenablog.jp まず、そのまま force:auth:web:login すると、失敗してしまう。 これは VSCode から行っても(Remote WSL している限りは)一緒で、…

キャプチャボード導入と、録画を試す

こんなものを購入したので、色々試したメモです。 Elgato Game Capture HD60 Pro [並行輸入品]メディア: Personal Computers これは内蔵型キャプチャボードで、USB 型も存在しています。 面倒とか、中触るの怖い人はこっち Elgato Game Capture HD60 S [ソフ…

Salesforce開発の基礎編1

教科書はコレ。 trailhead.salesforce.com 問題となるのは、この勉強用プラットフォームの翻訳を信用できないという所(汗 日本語だと正解選択肢が出ないとかいうバグもちらほらある。 加えて単語の訳が微妙過ぎて、同じページで同じ単語の訳が一貫してない…

マジで駄文。ボウリングのスコア計算

ボウリングのスコア計算ってどういうルールなんだろう? と思って調べてみた。 スコアの付け方 なるほどそういうルールだったのか…興味ないから今まで知らんかった(汗 ストライク = 10 点+次の 2 投分 スペア = 10 点 + 次の 1 投分 ストライクは次の 2 投…

WSL に Salesforce 開発環境を作る

「汚さず」というのはWindowsのPATHとか常駐とか増やしたくないのです。 で、どういう事かというと WSL2 に Ubuntu 突っ込んで、そこに sfdx をセットアップするという方向。 なぜセットアップかって?メインマシンに SFDX 入れてなかったからさ! WSL2 イン…

畳み込み層を実装してみる

white-azalea.hatenablog.jp この辺の続き。 畳み込み層とプーリング層、ひいては CNN をしてみる。 前回の im2col 連中を、バッチサイズ/チャンネルとか踏まえて再実装。 超長いので、今回はここから続きを読むリンク…。

画像を行列で処理する前準備

CNN で特徴的な動作に畳み込みっちゅう処理がある。 画像には局所性(隣接するピクセルの影響を受ける事)があるので、それを利用して画像の特徴を強調したりできる。 やってることはフィルタを用意して、画像に畳み込み計算を行う事。 以下の例みたいに、左…

過学習対策あれこれ

white-azalea.hatenablog.jp 前回わざと過学習させてみたわけだが、そもそも学習の打ち切りはやたらと難しいハズだ。 あの時はデータセットが 200 位しかないし、ニューロンの数も限られていたといえる。 しかし、現実には大量のデータセットがあるだろうし…

多層ニューラルネットで過学習させてみる

実際過学習がどの程度影響するのかを検証してみる。 ニューロンのひな型は このへん で作ったものを流用。 import numpy as np wb_width = 0.1 # 重みとバイアスの広がり方 eta = 0.01 # 学習係数 class Neuron: def __init__(self, n_upper, n, activation_…

ニューラルネットの弱点

過学習 現在のデータセットに過度に最適化されすぎて、未知のデータに対処できなくなる問題。 これはニューラルネットに限った話でもない。 同一のデータセットを学習させ続けることでも起きるが、ニューラルネットの場合以下のケースがある。 少ないデータ…

JavaScript でニューラルネットを実行

前回のニューラルネットの分類で、アヤメの判別を実装しました。 white-azalea.hatenablog.jp この学習データを JavaScript に持って行って動かそうとしたのが今回。 学習データを取り出そう ニューロンの学習した重みとバイアスを JSON 化して取り出すよう…

自作ニューラルネット(分類型)を作って、色々やってみる

今度は分類問題に対応した NN 実装を考える。 とはいえ、テンプレは 前回記事 で作ってるので、さっくり定義する import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt %matplotlib inline wb_width = 0.01 # 重みバイアスの広がり方 epoch = 101 # 学習デー…